オープンカーについて

四季がある日本、移ろいゆく季節を楽しみながら乗るオープンカーについて。 More »

自作PC

安価で高性能でそれでもって個性的なPCを手にする事が出来る自作PCの世界。TeamKNOxの工作技術で作られた一風変わった自作PCをご覧下さい。 More »

ガジェット

Webマスターは大のガジェット好きです。クラウドファウンディングなどで集めたデバイスなどを紹介します。 More »

マイコンの活用

マイコンの第一歩は「Lチカ」だ。でも、その後は何をしよう?ってことでゲームコントローラのPCインターフェイスを作ってみた。 More »

こだわり

コンピュータにつよいこだわりを持つ Webマスターの意見です。 More »

 

DVD: ブラッド・スローン

書評: カレーライスの唄

読了。
 実は阿川弘之の小説は初めてだったりする。さすが大家だ安心して読める。
 全く本書には関係ないが、自分自身は新しい単語を見つけると興奮する。実は50過ぎて見つけた言葉に「電停」がある。多分、関西方面の方には笑止だろう。これは市電の停留所を指すらしい。都内では荒川線を除いて現存していない、もう随分前に都民にとってはオワコンになっていたのだ。自分自身は「電停」という言葉を使ったことがないし聞いたこともなかった。本書の中でも、「都電の停留所」なる言葉が出てくる。縮めれば「電停」になるのは一目瞭然だが、使ったこともないし聞いたこともないのだ。
 やっぱり、電停は市電限定なのか都電では使わないのかw?
 「電停」を普段使いの方、教えてください。

DVD: Mentalist season 1 (eps.1-23)

書評: 王国への道

DVD: エンド・オブ・キングダム

DVD: 検事フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男

DVD: Pacific Rim – Up Rising

一作目に比べると、あまりおもしろくない。

書評: 十字軍物語(1-3)

三巻まで通読了。面白かった。およそキリストとイスラムの歴史はやられてやり返すの繰り返しになっているので、それぞれの解釈のバランスが難しくなり、当然それの記述も難しくなる。幸い、筆者は日本人であるし、(心理的に)遠方から眺めているので両者の間でのバランスが絶妙である。
 さて、舞台は地中海沿岸と今のイスラエルだ。奇縁でイスラエルの会社に転職し全部で5回ほど訪れ、主たる名所旧跡を回ることが出来た。この物語の舞台である、エルサレム、ヤッファ(テルアビブ)、アッコン(アッコ)にも行くことが出来たが、行ってた当時は十字軍遠征の知識はほとんど持ち合わせていなかった。最後のアッコンは特に思い出深く、仲の良かった同僚がハイファからヨットで連れいていってくれたのだった。一緒に行った同僚もほとんどアジア人だし、クリスチャンでも無いので、みんな自分と似たようなものだったろうw
 今の知識があればより楽しめたと思うのだが、どこに行くかは誰もわからないので後付の知識はしょうがないかな?とも思う。

DVD: アイヒマンを追え

鑑賞完了。最初に転職した会社がBOSCH、奇縁でイスラエルでも働くことが出来た自分にとっては映像各所に散りばめられた自分が訪れた場所を観るのは懐かしさがこみ上げる。
「ナチの残党刈り」はよく聞く言葉であるが、それの難しさと実態、担当者の苦悩があますことなく描かれている。この辺りに興味がある人は必見です。

DVD: スノーデン